お久しぶりです、後書き


長らく更新停滞しておりました・・・・・・。
言い訳はもう誰も聞きたくないでしょうし、そもそも言い訳する方が面倒だし疲れるわ!(ヲイ

という事で、本日からまたブログ復帰です!皆さんこんばんわ、雅です!




後書き


と言う訳で、この度ようやく、小説カテゴリにちゃんとした作品を投稿しました。

今回更新復帰に際して、毎度同じように復帰するのもどうかなーと思いまして、じゃあ新キャラ作ったし、それの紹介をしたら良いじゃないか!と思ったのですが・・・・・・。

ただ紹介するのも面白くないですし、そもそもそれだとそのキャラ像がどこまで読者の人に伝わるかなーと思った事、そして「小説カテゴリ、何年放置するつもりさ!」と思った点から、今回の復帰は新キャラ紹介を兼ねた形で小説書いて復帰しよう!と思った訳です。

因みに、最後に小説書いたのは高校2年の時だったと記憶しているので、おおよそ4年だか5年越しの小説執筆で御座います。
久々すぎて色々手間取ってたら、3日か4日ほどかけてしまいました・・・・・・。あんな短編1つ書いただけなのに・・・・・・・!


と言う訳で、記念すべき当ブログ最初の小説にして、新しいうちの子紹介小説がこちら!


さてさて、そして今回の後書きになりますが、うん。凄く疲れた。

正直、高校の方がもっと良いものかけてた自信と自覚があります。
今回の反省点は、取り合えず2つ。

1つ目。ボキャブラリが少ない。
これは出来るだけ被らないように頑張ったつもりではありますが、同じ表現に頼りすぎかな、と。
ここは昔からとにかく下手っぴだったので、取り合えずもっと日本語お勉強しようねー。としか。お前それでも大学生かって言われそうではありますけども。

2つ目に、場面転換が多い・早い
短編であるのにも関わらず、場面転換が多い上に早いので、読者の感情がついてきにくいだろうなー、と。
和やかな会話1つ入ったと思ったら次の瞬間にはシリアス、かと思ったらまた和む。2種類でのループな上にそれが早いのので、問題アリまくりかな、と。

終盤、戦闘描写になって落ち着いたかなー、と思ったら戦闘終わった瞬間からまたどたばたし出すし、ここも直さないといけないですね。


この反省点に関してどう改善していくか・・・・・・、と言うのも御話すべきかもしれませんが、腐ってもここはPSO2ブログ。
小説ブログじゃないしそういう考察求められてない気がするからそこは取り合えず今回は無しで!



と言う事でここまでは小説の骨組みの御話。
今度は物語、内部の御話。

今回登場した、今回の短編の主人公にして新しいうちの子、べっこー。
この子、作中で本人が話すシーンがありましたが、設定では海王種とヒト(一応ニューマンと言う設定)のハーフです。
PSO2本家のストーリーでルーサーが色んな実験を行っていたと言うお話がありましたけど、それを見て「自分がそういう立場だったらエネミーとヒトの混合生物とか、そういう実験もするなー」と言う流れから、海王種とヒトのハーフという設定が登場。

大本の話をすると、単純に自分がPSO2で1番好きなエネミー、タロベッコの擬人化キャラが作りたかっただけなんです。
その上で設定が凝ってないと可愛がれ無い性分な雅ぽんですから、設定を事細かに決めた結果、

じゃあなんでタロベッコの擬人化なの?→ルーサーの実験の一環で生まれた、ヒトと海王種(タロベッコ)のハーフだから、ヒトのなりしてタロベッコも名乗れるんだよ

と言う随分当て付けな発想に至ったのです。

そして今回、この作品を書く上で1番書きにくかったのが、「べっこーを性別の無い生き物として表現する」と言うこと。

雅ぽんが作ったべっこーの設定では、べっこーには実は性別が存在しません。
PSO2のエネミーって、ファングスノウ等の一部の例外除いて、明らかに性別ありませんからね。それを反映させた結果です。

容姿がヒト要素強いので、その分他のところで海王種、エネミー要素を強くしようとした結果です。
なので今回の作品上、べっこーを指す時は1度も「彼」や「彼女」をはじめとした、性別を意識させる単語を使っていません。

全部「人」と表現しています。
正直海王種とヒトのハーフで、事実上「人」ですら無いのでその表現ですら良いのか悩みましたけど、じゃあ他の表現何にするんだ、うむ分からんとなったので、この表現で妥協。

あ、SS張り忘れてましたね。紹介します、うちのべっこーです!

べっこー

この「性別が無い」と言うのも、前述の「タロベッコの擬人化が作りたいからそれにあわせて設定を作った」のと同様で、実は後付け設定です。

本当は男の娘キャラを遊海とは別に作りたいと思ったのですけど、理由も無く男の娘はなーと思ったので「じゃあ男とも女とも取れて問題が無い設定を作れば良いじゃないか」と言うところから、性別が無い、という設定に行き着いています。

因みに髪が紫、瞳が赤なのはタロベッコの頭の上の、人で言うところの髪に当たる部分が紫色だった事、同様に瞳はタロベッコの瞳が赤だったところから来ています。
コスチュームが黄色なのはタロベッコの体色が黄色だったところに由来してますね。
流石に肌の色を黄色にする勇気は無かった・・・・・・!


さてさてそんな訳で完成したべっこーですが、一言で言うととても可愛い(いつもの親馬鹿

後、自分で書いてて思ったのですが、こんな可愛い見た目してる子が「研究の為に身体を好き勝手弄ばれている」って、とてもイケナイ感じしますよね。そういうの大好きです

こんな早速親馬鹿野郎に色々遊ばれちゃってるべっこーですが、この子最終的には4鯖に行く予定の子です。
色々あってTダガーになかなかはまり込んでしまったので、Tダガーの強豪が集うと噂の4鯖に行ってみようと思ったのです。

現在FiHuが39,31といった感じ。
報酬期間で向こうでも振れる様なTダガー1本作って、それで乗り込む予定・・・・・・。

Tダガー色々教えてもらうのもそうですが、新しいアークスさんに出会うのも、今からとても楽しみです・・・・・・!




と言う訳で今回の更新でした!

新年早々更新停滞してしまいましたが、目標は相変わらずの更新数!あの目標そのまま掲げて頑張りたいと思います!
後は今回を皮切りに、練習がてらどんどん短編の小説も書いていけたらなーとも思ってますので、拙い文章でも見ていただける方、もしいらっしゃいましたらそちらの方もよろしくお願いします・・・・・・。

そんな訳で今回の更新でした!今日も閲覧有り難う御座いましたー!

-END-
スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。