うちの子資料集(?):名前の由来編


皆さんこんばんわー!
いやー、気付いたら月が変わりますねー。
月一で小説タグ更新するって言ってたの何処行ったんでしょうねー。
週1でゆっくりだけど確実に更新します!って言ってたの何処行ったんでしょうねー。

でも遅くても確実に歩まねば!なので取り敢えず本日は通常更新していきますね!

という訳で皆様こんばんわ、雅ぽんです!


・・・・・・今日は挨拶2回したね?




PSO2

ぶっ飛ぼうぜ、超親馬鹿へ。

という事で毎度のPSO2!相変わらずアーネ馬鹿してます。
ついったでは最近落ち着いてきましたが、作成して数日は、ほんの数分であれ、INすれば必ずSS撮影→そのSSをついったに投稿と言うレベルの頻度で撮影・投稿してましたねー。
最近はどうしてもコーデが代わり映えしないせいで投稿頻度こそ変わってませんが、親馬鹿レベルは相変わらずです。

取り敢えずついった側では貼っていますが1枚ペター。

イチタロー2女性にて、アーネ。

最近のカフェがとても光源がよく、かつ落ち着いた雰囲気のアーネに似合う夜景タイプなので、アーネのSSは9割がカフェ光源で御座います。
アーネの設定がアークスにはならない・一般人設定で固まった事や、フィールドは何かと撮影に関して左右されやすい要素が多い関係で御座います。
普段はカーム君のイメージに合うからという理由で男性モーションばかりのイチタロー2のロビアクですが、アーネはうちの子では珍しく女性モーションが非常に似合うので、このロビアクでSS撮ってると色んなパターンが撮れて非常に美味しいですね!

リズにしてもアーネにしてもそうですが、歯が見える「ニッ!」って感じの笑顔も良いですが、アーネは落ち着いた雰囲気の子なのでこういう口を閉じた笑顔も味があって良いものです。

イチタロー2女性にて、アーネ。2

と、言いつつやっぱり歯が見える笑顔が好きでそういうのをたくさん撮ってしまうのもまた私と言う親馬鹿。
手を合わせてなにやら期待しているような雰囲気ですが、視線の先には何があるのでしょうね?

そう、それから、何も報告なしでの登場でしたがアーネにメガネコーデを用意してみました!
元はと言うとカーム君の娘だからフロワガロウズのレイヤリングが似合うだろうと、最初期の段階で準備してあげていたフロワガロウズなのですが、前回記事をご覧になって貰って分かる通り、あの時はスカートがメインだったので使う事がありませんでした。
イマイチしっくり来るコーデもなかったのでね?
そんなガロウズを使ったコーデですが、前回記事のブルースカーフの案を出してくれたフレさんがどうやら女性キャラにメガネ、と言う組み合わせがとても好きだったらしく、冗談半分で初期からアクセとして投入されてる赤縁メガネを使ってみたところ、意外にもとても似合う!
の、ですがスカートのままだとどうしても女性的過ぎて、顔はカーム君とリズのハイブリッドにメガネでボーイッシュなのにどうしてもかみ合いが感じられず・・・・・・、と言う感じだったのですが、ここでフロワガロウズを着せてみたところとても良い感じにボーイッシュなコーデの出来上がりだったので、スカーフも同じ方向性で纏めた結果このメガネコーデになりました。

今ではとてもお気に入りのコーデで、お気に入りのあまり元あった設定を少し変えてこちらをデフォコーデにしてしまおうか悩んでいるレベル!
と言うか今着込んでいる率だけで言えばこちらが8割くらいのレベルだったりします(
アーネが両親大好きで両親の言葉は比較的抵抗無く受け入れてしまうタイプである事、それから大人になる前の頃から良いと思ったものは全力で推して行くリズのスタイルから、ある時アーネが偶然伊達メガネをかけたところ案外似合ってしまい、それを目撃したリズが「アーネ似合ってるじゃん!折角似合ってるんだから伊達でも何でもかけてた方が可愛いよ!」とまくし立て、その結果お洒落の一環として伊達メガネをかける事がある、と言う設定が固まったりしました。

カーム君が男性でありながら男らしさだけを追及したキャラでなかったり、アーネに関してもボーイッシュなコーデを楽しんでしまったり。つくづく僕と言う人間は中性的なキャラクターが心底好きなんだなぁ、と思い知らされますw

久々の手品ロビアクで、アーネ。

こういう格好をしたらやりたくなるのが、これ。
最近ロビーでもフレさんと遊んでてもめっきり見なくなってしまいましたが、"手品"のロビアク。

購入当時は何十mもしていて非常に高価なロビアクだったのに、結局その頃デレデレだったリズに少しやらせてSSを撮った位で全然使わなくなってしまったこれでしたが、いやー、それでも買っておいてよかった!と心底思う瞬間ですよね!
この手のロビアクはボーイッシュな女の子や紳士的男性キャラがよく似合うので、カーム君でも今度撮ってみようかな?

この首のかしげ具合が良い

因みに別パターン。
画面内に置ける左右比率と言いますか、全体図で見れば右が比較的空いているだとか何だとかまだまだ直しようのあるSSではありますが、見てくださいこの!アーネの!首のかしげ具合!

このかしげ具合が良いのだよ、かしげ具合が!

SS加工技術を手に入れて、右の少し余裕を持ってしまった枠を上手く違和感なく出来るようにする技術が欲しいなぁ、と思います。



そういえば、アーネのメガネが似合う、と言う話で少し思い出したのですが・・・・・・。

眼鏡有りリィズ

リズも最初期案では眼鏡有り・無しで悩んでて、設定的に噛み合わないからという理由で辞めたんでしたよね。
なるほど通りで似合う訳だ・・・・・・!遺伝と言う奴ですね!

拗ねるのロビアクもお勧めなのですよ!

因みに、本来のアーネの主軸として置いているスカートも新しいもの入荷したんですよ!
これは後ろ姿なので分かりにくいですが、前回記事でも載せてるスカートとは違って落ち着いた感じのものです。
何度も言うようですが、アーネはリズと比べると落ち着いた子・大人しい子であるので、やっぱりスカートでも何でもこういうものの方が似合う。
であれど決して内気な子では無く、リズの血を幾分か引いていて元気な姿も十分見せるので、前回のような元気っ子に似合いそうなスカートも似合うのです。
あれもこれも似合って非常に宜しい!こちらもリアルマネーを溶かす甲斐があるというものです!



前置きが非常に長くなってしまいましたが、本題に入りましょう。
うちの子達のお名前の話。

皆さんご存知の通り、うちにはたくさんの子が居ます。
先日アーネを作成した際には、このアカウントでは後4体のキャラクターを作成出来ます、作成しますか?的な確認の後にキャラを作成したので、自覚が全然無かったのですが()アーネで17キャラ目だったようです。まぁ、もっとも、ね・・・・・・(

そんな数多居るうちの子には、勿論その数だけ"名前"がある訳ですが、その"名前"にも色々とつけた経緯がある訳です。

唯響きが良かったから
そのキャラに似合う言葉を使いたかったから
再現する元ネタだから

理由はその時々で違いますが、最近のキャラクターには何かしら、ちゃんと意味を込めて名前をつけるようにしております。
逆に元々は何かのパロディやパクリのつもりで作成したキャラは安直につけたりそのまま借りたりの名前だったりしますが、それらの子も今となってはその言葉を使ってちゃんと意味をつけるようにしています。
後から出来た子には皆ちゃんと願いが込められた名前なのに、先に作られた筈の自分にはそれが無い、なんてかわいそうでしょう?

カーム君なんかは元々はそういう元ネタがあって、それを真似るつもりだったキャラでしたが、今となっては立派なうちの看板っ子。
それに当たって"カーム"と言う名前にもちゃんと意味を持たせよう、となりました。
結果、"カーム(Clam)"と言う言葉は「静けさ」「静かな」「穏やかな」「冷静な」等の意味を持った言葉であるところから、どんな時も冷静であって欲しい、どんな時も穏やかに過ごして欲しい。そして、皆を穏やかな気持ちにして上げられるような、優しい子になってほしい。そういう意味を込めるようになりました。
設定としましても、そういう意味を込めるようになった頃はまだまだお子様な要素多めでしたが、今ではちゃんとお父さんの設定もあるし、そのお父さんとしての役割が名前に込めたような存在になれるようになったんじゃないかなぁ、と思います。



さて、そんな訳で今回、うちの子における名前決定の背景をお話した訳ですが、今回の名前の由来についての本題は、皆さんお察しかと思いますが「アーネの名前の由来」です。

アーネの名前の大元の由来としましては、"アネモネ"と言う花の名前から来ています。
名前に込めた意味がそのアネモネの花言葉なのですが、じゃあどんな素敵な花言葉をしているのだろう、と思うと実は「はかない恋」「恋の苦しみ」「見放された」「見捨てられた」等、散々な花言葉だったりします。

ですがこれは、あくまでアネモネ全体での花言葉・意味。
アネモネはその花の色次第で「真実」「期待」「希望」「君を愛す」「貴方を信じて待つ」等のような、非常に明るく力強いイメージに変わります。

これらの要素から、アーネの名前に込めた意味は「誰かの希望となれるような存在になって欲しい。」「誰かに見放された、見捨てられたと思ってしまうような事もあるだろうけど、それでもその人を信じて待てるような強い心の持ち主になって欲しい。」と言う風にしています。
また悪い意味の花言葉の方から「恋の苦しみ」と言うものがありますが、そこから「恋というのは甘いだけではなく、時として苦しみを伴うものだから、気をつけなさい」と言う戒めの意味を持たせたりもしています。

また、アーネの名前が"アネモネ"を由来としているのにも関わらずそこから借りている文字が"『アネ』モネ"で2文字だけなのにも意味がありまして。
前述のように、アネモネの花言葉自体は良い意味だけでは残念ながらとどまりません。
ですがアーネには、その花言葉全部を背負ってしまうのではなく、その半分だけ、良い部分だけを背負って生きていって欲しい。だから敢えて半分だけ借りて、かつ名前として音の響きが良くなるようにした結果の"アーネ"と言う名前なのです。


どうです!?こうやって聞くと本当に良い名前だと思うでしょう!
アーネの名前はねー、僕としては結構自信作なのですよー。ここまで自信持って良い名前に出来たんじゃないかな!って思ったのは久々かもしれない。
こういいつつ、毎度毎度似た様な事思ってる気がしなくも無いのですけどね?(

さてまぁ、こんな意味を込めたアーネですが、先日メインのFoのレベルが70を超えました。
今はサブTeの育成中ですが、手持ちの関係でTeの育成にクオツのタリスを使っているのですが、これ非常にアーネに似合いますね!

元々は最終的にどの属性は何の武器にして、どういう運用をして・・・・・・とかって考えていたのですが、とても似合うのでタリスを運用する属性分クオツを作ってしまおうかな、とか考えるくらいには合っていてちょっと真面目に考えています。
別にクオツも、潜在の条件がちょっとテクニックと噛み合わないだけで、使いようでは十分火力になりますし、そもそも☆13と言うだけで十分なところもありますからね!

という訳で只今メセタ稼ぎ中・・・・・・。
アーネを作成してからと言うもの、最近はもうアクセ周りも充実してきて出費は随分減ったのですが、それでも普段あまりやらないテク職と言う事で、装備の更新費でたくさん費用がかかってしまって・・・・・・w
ちょっと苦しい家計となっておりますw
ともあれテク職はTA回りやすい事でも有名なので、その有利、きっちり生かして行きたいですね!



すまないね、もう少しお付き合いを。

先日の事ですが、セブンイレブンコラボとして新しいアクセサリー、"ダイヤモンドダスト"が実装されましたね。
スノーピアスをはじめ、作成したタイミングの問題もあるとは思いますがとにかく冬を連想させる要素がよく似合うアーネに、このダイヤモンドダストを使ってみたところ、案の定と言いますかとても似合ったので、まだ入手してない・リアルマネーがかかるので取得に悩んでいる、と言う皆様の為の参考資料としての意味合いもかねて、ダイヤモンドダスト使用のアーネSSを何枚か。

ダイヤモンドダスト・アーネ

落ち着いた夜景カフェ光源に、幻想的な光を放つクオツとダイヤモンドダスト。
全体的に良いかみ合いを見せてくれて、お気に入りの1枚です。
こうして見返してて思い出したのですけど、アングルの問題もあるのでしょうけど、降って来るダイヤモンドダストの雪の結晶が顔を隠す事も無いので、今回のような被写体の顔を見せたいような時に、○○は良かったのに結晶が顔を隠しちゃって台無しだよ!とならないのもこのアクセの売りの1つかな、と。
今年はなんだかんだダイヤモンドダストより都心の初雪の方が先でしたが、季節としてはこれからが旬のアクセです。期間もありますし、僕はお勧めですねぇ、これ。

拗ねるモーションのアーネ

因みに、これ背面からのSSです。
こうやって見ると、背面(半身で振り返ってるから、判定上は横から撮ってる感覚になってるかも?)にはあまり雪の結晶って降ってないのかな?あまり枚数撮ってないのでわからないですが、プレイしている分には結構な頻度で降ってきては消えて、を繰り返しているので多分横や背面は比率少なめなのだと思います。これはどちらかと言うと欠点ですね。

因みに上のSSでも使ってますがこれ、ロビアクの"拗ねる"を使用して撮影してます。
最後の方でチラッとこちらに振り返る瞬間があるのですが、そこですかさずプリスクキーを連打すると、その中にこんな感じの1枚が出来上がる感じですね。
このロビアク、撮るときの表情で凄くストーリー性といいますか、雰囲気が違うSSが撮れまして、上の方で使っているSSでは先に集合場所に来ていて、待ち人をまだかまだかと待ちわびていた時、後ろから声をかけられて嬉しさのあまり笑顔で振り返る、といったような感じで撮れますし、かと思えばこのSSのようにアクセと表情の組み合わせで不思議な雰囲気でも撮れます。あー、後半の説明ー、語彙力ー。伝われッ(

勿論本来のロビアクの名称通り拗ねているようにも撮れますから、本当に色んなパターンを作れて面白いロビアクだと思います。雅ぽんお勧め!
皆さんも是非このロビアクで撮影してみて、色んなパターン試してみてください!きっと楽しいです!




という訳で今回の更新でした!
今回は最初から、ボリュームがあるうちのブログ記事の中でも特にボリューム多めの内容になるだろう、とは思ってましたが、いやー案の定といった感じでした!

実はこれでも、読み手の事を考えて書いているんですよ?どれくらいなら「これは読み応えがあってよかった!」と思ってもらえて、どこまで行くと「これは読み応えあったを通り越してくどいよ・・・・・・」ってなるかなー、って。
因みに今回と前回の記事は後者です(
いやー、わかっては居るけど親馬鹿を抑えられない!(

っと、分かってるならあまり伸ばしてはいけませんね!
溜め込むと今回や前回のように記事が長くなってしまうので、今後は出来るだけ短いスパンで、ボリューム感有りつつ程よく閉めれる記事展開を目標としていきたいと思います!ので、皆様今後ともよろしくお願いします!

それでは、今回も閲覧有り難う御座いました!

-END-
スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。