おそうめん


報告です!
前回記事でネタをパクらせて頂いた方からコメントがあって、許可を頂いたので(本当は貰ってない)リンクに追加しました!

かの有名なパルチとレア堀で有名なブログ、レアを掘りにユクさんです!

元々フレンドさんのブログリンクから見つけたユクさんブログ。リンク発見する前にも何度か見かけたくらいには有名な方なイメージですねー。
そこから始まり、そのフレンドさんとユクさんのマイルーム襲撃作戦の時に初遭遇、TMG使いとパルチ使いという全く接点のない二人の関係が始まったのがその瞬間でした。
その事件があったのが確か未だEP2時代だったと思いましたから、半年近く経っての相互リンクとなりますね。ここまで長かった・・・・・・!
今年の目標にも掲げた鯖旅行、現状1番行く可能性が高いのは1鯖ですね!ユクさんの地元です!
実は襲撃作戦の時に鯖移動した雅ぽんが未だに1鯖にいるので、実は1鯖にいくのは旅行ってほどの事でもなかったりするのですが。


前置き長くなりました!皆さんこんばんわ、雅ぽんです!




内容g(ry


えぇ、いつものパターンです。
前回更新以来、PSO2は勿論INしてるのですが、14日始動のスクラッチで実装される新しい髪形?っぽいので欲しいのがあるので、それに向けての金策と緊急くらいしか触ってないもので、レアも別段拾わない、何か進展がある訳でもないで別段書く事が無いのですよね。

ここ最近強化したりしたものの報告も先日しちゃったし、レベリングに関しても最近は全然してないから、ホントに書く事が・・・・・・。
あ、そういえば今日は夜食にあったかいおそうめん食べました!あったかいのもあったかいので美味しいですね!


そうじゃない


一応このブログはPSO2専用だとか、ゲーム専用ブログとは考えてないですが、需要があるのは目に見えてPSO2だし、書きたい事もPSO2ばっかりだから、出来れば大学生のブログちっくな事より、PSO2ユーザーちっくなブログ書きたいんですよね。どうしたものか。




双機銃を語る

という事で、安定のいつもの。
前回はヤスミ(ノコフ9000M)について語りましたねー。

今回はその大元、PSO2というゲームにおいて俺が愛している武器、ヤスミノコフ9000Mが属するカテゴリについて、今回は更新している雅ぽんの体調的な問題もあって少しだけ語りたいと思います。

双機銃。
それは元々、二次職と通称される職業の中の射撃依存職、ガンナーの専用装備として実装された武器。
射撃依存かつ列記とした射撃武器でありながら、戦闘リーチが近距離~、引けるところまで引いても中距離が限界という、とても個性的な性能の武器。

EP1時代ではモーションや特性はとても優秀なものが揃ったPAが多く、一見強武器かに思えたが、ガンナーのクラススキル「チェイントリガー」との兼ね合いか、モーションや特性のメリットを上回るほど火力の低さが目立ち、当時存在した6職の中で、テクターと並んで弱職・弱武器とされていた。

格好えぇからえぇやろ!

反面、その戦闘スタイルやPAのモーションから、ゲーム内でも格好良さだけなら評判はとてもよく、ガンナー・双機銃を選択するプレイヤーの多くはその格好良さ・スタイリッシュさに惹かれたのが原因だった。ぽんもです。
EP1の頃は前述通り不遇な要素が強かった為に周囲からの風当たりは強かったが、ガンナー同士、双機銃使い同士が互いに様々な意見を出し合い切磋琢磨し、ガンナーの空気自体は悪いものでなかったと思う。

流れが変わったのはEP2。
あれは双機銃を握って見れる風景が変わった瞬間だった。
「スタイリッシュジャストアタックボーナス」通称SRJABの実装。
SRを挟んで無敵時間利用した華麗な回避。そしてカウンター気味に放ったPAはがら空きの相手の懐に強烈な一撃を与える!そんなクラススキルの筈だった・・・・・・。

しかし実際始まってみれば、エネミーが寄ってくるのが遅いのを良い事に悠然と回転。そして遠くにいるエネミーに対してエルダーリベリオンやインフィニティファイア等のPAで一方的に虐殺するだけの作業。
元がいくら火力が低い双機銃のPAとはいえ、SRJABの破格のダメージボーナス2倍は、流石に強すぎた。

EP1時代、その弱さ故にたたく人が多かったが、EP2になって状況が一変。一躍フィールドに颯爽と現れエネミーを蹴散らして去ってゆく格好良い職業・武器になったかと思われたが・・・・・・・。

現実は非情である

何が気に食わなかったか、否、その強すぎる性能が気に食わない人が続出。何故かEP2になってもガンナー・双機銃を叩く人が後をたたなかったのである。

あ、ありのまま当時起こった事を話すぜ・・・・・・。
EP1時代で弱さ故に存在したアンチがいなくなったかと思ったら、今度はその強さ故に叩かれてアンチの数が逆に増えた。何を言っているかわからねーと思うが、俺もわからねぇ。頭がどうにかなりそうだった・・・・・・。
常識がなってないとか、そんなちゃちなもんじゃ、断じてねぇ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・・・・。

つまり理不尽である

とにかく当時のぽん含め、多くのガンナー、及び双機銃使いが疑問に思ったでしょう。
今まで強かった職業や武器が更に壊れた性能になったならまだしも、今まで不遇だった双機銃が、ガンナーが、やっと今まで迷惑をかけてきた分の恩を返せると思ったのに、何故叩かれるのか。

今考えても良く分からない。

そんな理不尽な時代も数ヶ月で抜け、その後、次の時代を作り上げたカタナのシュンカシュンランと肩を並べ、PSO2の一時代を作り上げた武器となったのである。




という訳で今回の更新でした!

書き始めたときには既に眠かったのですが、書いてる途中で限界が来たのと、それの関係か文脈がぐっちゃぐちゃになってるのが自分でもよーく分かるレベルには酷いかなって思ったのでここで切る事にしました。

さて、明日はちゃんと睡眠とってスッキリした頭で更新しようと思います!

では、今回も見に来てくれて有り難う御座いましたー!

-END-
スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。