自由が欲しい


「はぁ、はぁ、はぁ」

惑星ウォパル、その地下の海底エリア。
幻想的な景色と大量の水が支配するそのエリアに、何処へとあてもなく走る人影が1つ。

「やはり、計画が甘すぎたんだ・・・・・・。私にはッ・・・・・・」

海底を駆けるその足は裸足。服も纏わず代わりと言わんばかりに薄い布に身を包むその人の背後には、惑星ウォパルで多く確認される、鳥型のダーカーが数匹。
その人がそのダーカー達に追われているのは、誰の目にも明白であった。
だが、その人は走る。何処へ逃げれば安全、という場所が分かっている訳ではない。追っ手をまけるとも思っていない。

でも、逃げる。

欲しいのは自由。それだけ。その為にあの場所を抜け出し、今こうして逃げているのだから。
だが、追っ手に見つかってしまった以上、ただ逃げているのは最早無意味。それは本人も分かっていた。

「今のままじゃ逃げ切るのは無理。分の悪い賭けだけど、ここは・・・・・・!」

逃亡の最中、人は1つの判断を下す。それは本人の中で、ほぼ無意味に等しい選択。
しかし、このまま逃げ回っていても埒が明かないのならば、僅かな希望にもかけるしかなかった。

人は意を決し、周囲のフォトンを右手に込める。
聞いた事があるだけ。試した事も、ましてや正しいやり方すら聞いた事のない手段。

テクニック。

聞いた話では、今からやろうと思っている事を人はそう呼ぶらしい。
だが今は名称など関係ない。周囲に舞うフォトンを必死に右手にかき集め、そしてそれを適当なイメージと共に放つ。
ただそれだけ、簡単な作業のはず。
そして右手に収束されたフォトンは、見た目充分な雰囲気を放つくらいには溜め込まれた。

「テクニック、発動!」

意を決して行われる、テクニックの発動。
放たれたテクニックは眩く白い光を放ちダーカーの元へと飛び立つ。
その人が思い描いたテクニックのイメージは、ダーカー全般が弱点とする"光"。
放ったテクニックが描く軌道も迷いなくダーカーへと一直線。
イメージも、テクニックに込めた想いも、そして溜め込んだフォトンの量も、充分な筈だった。

ガギィン!―――

「なっ・・・・・・!」

しかし、現実は非情である。
何もかも完璧だった筈のテクニックは、確かにダーカーに命中した。
しかし、何が足りなかったのかそのテクニックは、鈍い音こそしたがダーカーには傷1つ付ける事が出来ていなかった。

寧ろ、ダーカー達は今の一撃で激昂したのか目を赤く光らせる。
そしてダーカーは、その手の槍状の武器を構える。赤黒いオーラを纏う槍。それは明らかに攻撃の意思を示していた。

「まずい・・・・・・!」

思ったのは瞬間だった。誰にでも分かる、危機の瞬間。だが、その一瞬ですら判断が遅かった。
次の瞬間槍から放たれる、衝撃波のような一撃。
その一撃は先ほどのテクニックとは違い、逃げ回る標的を確実に捉え、その華奢な体に重い一撃を与えた。

「ぐあぁぁぁ!!」

ダーカーの攻撃によって大きく吹き飛ばされた身体は壁にぶつかる事でようやく勢いを殺し、止まる事が出来る。

「ごほっ、ごほっ・・・・・・!」

壁に打ち付けられた衝撃でむせ返る。頭はグラグラと揺れるような感覚に襲われ、視界もはっきりしない。
せめて身体を起こそうにも、身体の何処にも力が入らない。
ただ、感覚で分かる事が2つだけ、あった。

先ず、たった今自分に一撃入れたダーカーが、一歩一歩、確実に自分に近づき、自分を追い詰めていると言う事。
そしてもう1つ。
自分は直にそのダーカーの餌食になってしまうであろう事。


自由が欲しい―――


思うだけなら、簡単だった。
けど、叶えるのはとても難しい。

自由無き場所に生まれ落ち、自由無き日々を送った。
自由が欲しかったから、あてもなく、それでも逃げ出してきたのに・・・・・・。

人は、静かに瞳を閉じた。
もうじき自由になれる。望んだ自由とはかけ離れた形ではあるが、自由である事に変わりはない。

どうか、次に生を授かる時は、自由な身でありますように・・・・・・。

人の意識は、そこで途切れた。

痛い―――

最初に感じたのは、それだった。
もやもやと何かが頭の中を渦巻く。意識がはっきりしない。
思い出そうとする。何があった?ここはどこ?

少しずつ思い出す。
薄暗い部屋。閉じ込めらていた日々。好き勝手に弄ばれた自分という存在。周囲の存在。
いつしか欲しくなっていたモノ、"自由"。

そして自由を求めて抜け出した、研究施設。

そこで一気に意識は覚醒した。
ダーカーに追われ、そして追いつかれ遂には死を覚悟した筈・・・・・・。

重い瞼を持ち上げ、痛む身体を強引に起こす。
目に映った景色は、海底のままだった。状況が理解出来ない。用済みだと思われた?だから助かった?
だが追っ手まで出しておきながら、寸での所で判断が変わるモノか?
その疑問は、すぐに解決する事となる。


「よォ、気がついたか?」

ハッとして声の方へ振り向く。
そこにいたのは、薄汚れた土色のコートに身を包み、コート同じ色のテンガロンハットを深く被った男だった。
施設にいた頃には見た事のない格好、見た事のない人。
彼が自分を助けたのだろうという事は、人目で分かった。

「思ったよか元気そうだな。何よりって奴だ。
取り敢えずほれ、コイツでも食いな。飴玉だ。たいした持ち合わせも無くて悪ィんだが、甘いもんは疲れに効くからな」

男はそういうと、1つの小さな、茶色い飴玉を渡してくれた。
得体の知れない食べ物に少し恐れを感じながらも、施設を飛び出してきた今、これ以上何を恐れようか。
素直に感謝すると、そっと口に含む。

甘い・・・・・・・・・。

今まで最低限の栄養価をとる為に味も見栄えも意識された事の無い最低限の食事しか経験した事の無い立場からすると、とても素朴な味ではあるが、同時にとても新鮮でもあった。


「んで、唐突にこれを聞くのは不躾ってやつかもしんねぇが、1つ聞かせてくれ」

飴玉を不思議な気持ちになりながら舐めたり、硬いけど噛み砕いて食べた方が良いのかと四苦八苦していると、男がさっきまでとは声色を変えて此方へ言葉を投げかけてくる。

テンガロンハットの端から見える男の瞳。
力強く自分を見つめているのが分かる。
思わず息を飲む。

「お前さん、何モンだ?」

「え・・・・・・?」

余りにも不明瞭な質問に、思わず情けな音が口から零れ落ちる。

「あぁ、いや、言葉足らずだったか?
いや、寧ろ言葉が通じてねぇのか?俺の言ってる事、分かるか?」

矢継ぎ早に繰り返される質問。正直、状況が分かってないところに質問だけ重ねられても、余計状況が読めない。
ただ人は、男の問いの最後、言葉が通じているという意思表示だけはするべきだと思い、首を縦にコクコクと振る。

「やっぱ通じてっか!そりゃ朗報だ!

いやぁな?本当は別の場所向かうつもりでキャンプシップ飛ばしてたんだけどな、その途中で見た事もねぇ惑星見つけるわ、そこで少し探索してみるかと思ったら道に迷うわ、終いにはダーカーに襲われてる奴見つけるわで、こっちも割と混乱しててな。

んでまぁ、俺もこの惑星の話なんてオラクルじゃ聞いた事ねぇし、そんな場所に人が居るし、こりゃお前さん何モンだと思ってな。
お前さんが寝てる間に少し調べさせてもらったが、少なくともアンタ、アークスではないみたいだしな?」

さっきまでの緊張感のある感じとは打って変わって、それが素なのか一気に和やかな雰囲気になる男。
しかしおかげで状況もいくらか飲み込めた。
本来であれば自分の味方になるような存在が居る訳のないこのウォパルで、自分が生き残れた理由。
それはこの、惑星の外からウォパルへ迷い込んできた男が、奇跡的にあの場に居合わせたからだという事。

「そいでしつこいようだが、お前さん何モンだ?人のなりしててしかも言葉の通じる、都合の良い原生民って感じでもないだろう?」

人は一瞬、考えた。
ここで自分の素性を明かしていいものか。実験体で、遊びたい放題されていて、逃げ出した自分。
外の常識というものが分からない以上、縛られた生命こそがこの世界の常識であるのならば、正体を明かせばまたあの研究室戻りなのではないか。

だが、相手がどんな人物か分からない以上考えるのは無意味だった。
それに、彼は自分を助けた恩人だ。恩人に隠し事をするのは、誰に教わった訳でもないが、本能的に良くないと思ったのだ。

「私は・・・・・・」

人は、意を決して口を開く。

「私は、この惑星にある研究施設で実験体として縛られている存在です」

人の言葉の重みを察した男は、先ほどのまでの雰囲気とは一点、向き合って話を聴く姿勢になる。

「私は、この惑星に生息する"海王種"と貴方々"人"を組み合わされて生まれた存在。
この世界に生まれ落ちた時からずっと、その異質な存在を研究する為に全てを弄ばれ、自由無き生活を送ってきた」

「・・・・・・」

「ですが、それでは嫌だったのです。唯のわがままですけど、私は自由が欲しかった。
だから私は逃げ出したのです。研究施設から。でも、縛られていた存在が、自由を得る事など許されません」

「だからダーカーに追われてた、って訳か・・・・・・」

男は腕を組むと、ふむぅ・・・・・・、と唸り声を上げて考え込んでしまう。
彼が何を考えているのかは分からない。ただ、余りいい気分で物を考えている訳でないと言う事だけは表情から見て取れた。

そんな男が、不意に固かった表情を和らげ此方に目を向ける。

「そういやお前さん、名前とかあるのか?」

「えっ・・・・・・。いや、あの・・・・・・」

突然の問いに、思わず動揺してしまう。
この状況で、そういう事を聞かれるとは思っていなかった。おまけに、答えるに答えれない、難しい質問。
男はそれを察したのか、罰の悪い表情を浮かべた。

「あぁ、すまんかったな。よく考えたらお前さんにこういう事を聞くべきじゃなかったな」

「あぁ、いえ・・・・・・」

互いに、言葉を繋げるのには苦しくなってしまった。

とり合えず、目を合わせるのが辛くなってお互いにそっぽを向いてしまう。

途端に、これまで全く意識していなかった色々が意識の中へ雪崩れ込む様に入ってくる。

先ず、自分が思っていたより疲弊していると言う事。
当然といえば当然だ。今日はとても、走った。全力で、走った。施設にいた頃にはする事などありえなかった経験だ。
先ほど始めて試してみた、テクニックにしてもそうだ。他人と"会話"したのも初めてだ。
心身共に、疲弊する要素しかないくらいだった。

続いて、この妙な無言の空気。
さっきまでも何度かあったこの無言の空気、無言の間だが、今回のは妙に気になって、仕方ない。
だが、会話など経験したこと無いに等しい立場である以上、此方から打開するのはほぼ無理だ。

「べ、べっこうだ!」

どうこの状況を打開しようか悩んでいたところ、突然男が意味不明な言葉と共に大声を出す。

「鼈甲、それがお前さんの名前・・・・・・、どうだ!?」

「わ、私の・・・・・・!?」

「おぉそうだ!俺は少なくとも、これからお前さんを連れてオラクルに・・・・・・。俺の住んでいる所に帰るつもりだ!
お前さん、自由が欲しいって言ってたろ?だったら着いて来ない理由は無い筈だし、そしたら何かしらの呼び名は必要だろう!」

「そ、そうですが・・・・・・」

正直なところ、あの居心地悪い空気を打開してくれた事は嬉しかったが、内容は突然過ぎる申し出であり、そして由来も分からない名前に首をどうしても縦には振り辛かった。

「ゆ、由来だってちゃんとある!さっきお前さんにやった飴玉があるだろう!あれ、"鼈甲飴"って言うんだ!
それからとって"べっこう"!

どうだ、見たところお前さん、女だろ?可愛い呼び名だと思うんだが!」

「べっこー・・・・・・」

一般的な人であれば、なんとも回答に困る申し出だった。
だが、今まで名前は愚か、呼び名すらなかった身。そんな身からすれば、理由や由来が何であれ、呼び名を貰える事ですら、どうしようもなく嬉しかった。

「べっこー・・・・・・!

はい、有り難う御座います!私はこれから、べっこーです!」

「おぉ、気に入ってくれたか!ソイツァ良かった!
そいじゃあべっこう、ここに長居する理由もお互い無いだろう、そろそろオラクルへ向けて出発しねぇか!」

男はそういって、腰を上げ立ち上がる。
べっこうもそれに異論は無く、賛成して立ち上がろうとした、次の瞬間だった。


ギュイィン、と、鈍い音。
一瞬周囲の空気が重くなり、同時に今まで無かった生物の気配がその場に立ち込める。

「・・・・・・ちっ、ちっとばかしのんびりし過ぎたかね?」

1度立ち込めた重い空気が無くなったと思った時には、2人は既に鳥型のダーカーの小隊に囲まれていた。
先ほどべっこうを襲った、槍持ちをリーダーとした3匹で1組のダーカー。
だが、今度はべっこう1人ではない。
戦える人と2人になったべっこうは、先ほどまでと違い安心感に包まれていた。

「オーライ、俺に任せてべっこうは下がってな」

男はそういうと、今まで収納していた弐挺一対になっている小銃を取り出す。
反動を抑える為に独特な形をしたその銃は海底にはふさわしくない、デザートカラー。
そしてこのご時勢では型落ちで時代遅れだが、それがまた良さとも言える実弾銃だった。

「手は抜かねェ、覚悟しな、ダーカー共!」

そう叫ぶと同時に、タタタンという軽快な音共に先ずは3連射。
鳥型ダーカー達は威嚇射撃のような照準の甘いその射撃を、3匹散開する事で容易に攻撃をかわした。

男もそれに合わせて、3匹とべっこうの間に来るように自らの体を移動させながら、膝をぐっと曲げて力をためる。

ダーカー側もその明らかに攻撃の前準備である動作に警戒して、それぞれ武器を構えカウンターを決めようと姿勢を取る。

「無駄無駄ァ!」

次の瞬間、膝をバネとしてしなやかに体を前に投げ出し、ダーカーの予測をこえる速度で先ずは目の前の大剣状の武器を構えたダーカーに、全体重をかけた踵落としを一撃。
見事攻撃が命中したダーカーは体を大きく仰け反らせ、目に見えた大きな隙を作る。
そこにさっきの一撃の余力を、今度は逆の足に乗せてもう1度、そのむき出しになっているコアに向かって蹴りを入れる。

ギィィ、と悲痛な叫び声をあげるダーカー。攻撃は確実に利いていた。

そしてその隙に、男は残りの二体のダーカーに目を向ける。
仮に一体のダーカーをしとめようとも、その間にもう二体から攻撃を受けてしまっては、意味が無いからだ。

そこで男は、予想にもしなかった光景を見る。

何と残りの二体のダーカーは、やられているダーカーや明らかに戦闘能力のある男の事は完全に無視し、男が一体にかまっている間に、その武器をべっこうに振るおうとしていたのだ。

「ちっ、そういう事かよ!」

あくまでも、ダーカー達の目的は脱走したべっこうだけであった。
その上で、理由は分からぬが、目標がこの双機銃を扱う男という戦闘能力を手にした事を理解し、捕縛する事は完全に諦め、べっこうの抹殺にかかっていたのだ。

当のべっこうはと言えば、戦闘経験は先ほど一瞬、戦闘とも呼べるか怪しいテクニック発動を試したくらいで経験は皆無、おまけに背後は壁とあって完全に身動きが出来なくなっていた。

男は取り合えず目の前の敵を処理しない訳にも行かず、二段目の蹴りで完全に動けなくなっているダーカーのコアに両手の銃を乱射。
弱点であるコアを滅多打ちにされたダーカーはおぞましい断末魔をあげながら絶命した。

瞬間、男は身を翻し次の獲物に目を向ける。
片方の槍を持ったダーカーは既に構えに入っていて、しかも槍である故にリーチも長い。
もう片方のダーカーは双剣のような武器を構えこそしていたが、間合い的にまだ少し余裕があるように見え、男は瞬時に槍持ちダーカーへと狙いを定めた。

「思い通りにはさせねぇよ!」

今度は力はほぼためず、周囲のフォトンの力で体を押し出すようにして前進。その速度を殺さぬまま狙いとして定めたダーカーに思いっきり体当たりをねじ込んだ。
フォトンのブーストでかなりの速度になっていたその体当たりは槍持ちのダーカーの体を大きく吹き飛ばす事に成功した。

これで一時しのぎではあるが、片方のダーカーを遠くへ追いやる事は出来た。
そして先ほど視界に映った間合いでは、このまま振り向き様に最後の1匹のダーカーに向かって同じ攻撃、フォトンアーツを使えば一旦2匹をべっこうから引き離す事が出来る。

そういう、予定だった。


「ぐあぁぁぁ!!!」

べっこうの悲痛な叫び声が響いたのは、男が振り向いたのとほぼ同時だった。

振り下ろされたダーカーの双剣。

赤い赤い血を流しながら倒れ行くべっこう。

「糞ったれがァァァ!!!」

予想だにしなかった展開に動揺しながらも、男はべっこうを傷つけた双剣持ちのダーカーにすかさず飛びつき、強引にそのコアに銃口をねじ込む。
銃口をただ押し付けているだけなのに、コアにヒビが入るほどの力。
そしてその状態のまま、男は力任せに引き金を引く。

強い衝撃が男の右腕とダーカーの体に走り、右手の銃はその衝撃で跳ね返される。
だが男はそれでも気が済まず、今度は左手の銃口を、今の一撃でぼろぼろになったコアに押し付け、そしてももう一射。

二発も至近距離での攻撃を受けたダーカーは、まるで地面に打ち付けられた氷のように砕け散って絶命した。

だが、男は気を抜かない。

振り向くと先ほど吹き飛ばしたダーカーが起き上がり、男の元か、それとも怪我をして動けなくなっているべっこうの元かは分からないが、とにかく戦意がある事だけははっきりと分かる状態だった。
男は今度はダーカーに近づく事はせず、その銃口を真っ直ぐ、最後の一匹のダーカーへ向ける。

そして、先ず右手の銃で一射。
ただ撃つのではなく、周囲のフォトンを弾に込め、特別力の篭った一撃を放つ。
次は左手。
これもフォトンを込めた一撃。
そしてまた右手。次は左手。

相手に成す術も無く無慈悲に放たれていくその攻撃は、ガン=カタ。
古くから双機銃を使う多くの者が使用する、とても強力で効率的な攻撃方法の1つだ。

そして何発にも及ぶ銃撃の末、止めとなる九発目の銃弾が命中するのを確認すると、男はすぐさまべっこうの元へ駆け寄った。

「おい、大丈夫か!」

べっこうの元へつくなり、べっこうを抱きかかえて安否を確認する。

「うぅ・・・・・・。わ、私は・・・・・・」

そこには弱々しく、だが確実に意識があるべっこうが。
そんなべっこうの左目には、先ほどダーカーから受けたであろう一撃による、深い傷が・・・・・・。
今すぐ最良の治療が出来たところで、恐らくべっこうの左目は一生視力を失うだろう・・・・・・・。そんな傷だった。

そして同時に、その傷からの酷い出血。
ここままでは左目だけではなく、命すら危ない。

「待ってろよ、べっこう・・・・・・!
お前さんには、必ず"自由"って奴を味合わせてやるからな・・・・・・!」

べっこうを抱きかかえた男は、力強く立ち上がると、来た道も覚えていない海底の道を、ただべっこうの為だけを思って、駆け出すのであった・・・・・・。


-to be continue-
スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。